ビットフライヤー

ビットフライヤー取引所の使い方 ※Lightning現物の取引方法

更新日:

➔ BitFlyerで口座開設する

取引所と販売所の違いとは?

取引所とは?

取引所の機能は、一般的には「板取引」と呼ばれています。

」とは、上の画像のような「売買の注文情報の一覧」のことを指します。

  • 手数料が安い
  • 価格を指定して買える(指値注文)
  • 操作を覚えるのが少し難しい。慣れが必要。

主に以上のような特徴があります。この記事は取引所=板取引の利用方法についての説明になります。

ビットコイン販売所とは?

手数料は割高なものの、とにかく操作方法が簡単なのが特徴です。初めてビットコインを買う方は販売所からスタートするのが良いと思います。詳しくは以下のリンクから。専用ページに解説してあります。

詳しくは➔ ビットコイン販売所の使い方

Lightningの現物を利用しよう

ビットフライヤーには上の画像のような「取引所」というページ/機能があります。

しかし、下の画像のような「Lightning」という機能を利用した方が良いです。

通常の取引所より、利用できる機能が増えるだけで、何もデメリットはありません

ということで、この記事では取引所ではなく、「Lightning」の説明の方をしたいと思います。

「Lightning」のページを開こう

公式サイトにも、公式アプリにも、サイドメニューに「Lightning」のボタンがあるので押してください

現物とFXの違いとは?

モナー
ちょっと面倒ですが覚えちゃいましょう!

現物取引(現物)とは?

現物とは→100万円の資金に対して100万円分のビットコインだけ買える取引方法です

説明不要の最も一般的な方法のことですね。それを「現物」とか「現物取引」とか呼びます。

FXとは?

仮想通貨の世界において、FXとはレバリッジと呼ばれる仕組みを利用する取引のことを指します。

FXとは→100万円しか日本円を持っていないのに、300万円分のビットコインを買うことも可能な取引方法です

この記事ではFXに関してではなく、通常の「現物取引」の説明になります。

※FXに関しては最低限の勉強が必須です。やり方によっては非常にハイリスクなトレードも可能です。

Lightning現物の使い方

モナー
取引所の使い方は読んだだけでは理解できません! やりながら覚えてましょう!

※難しそうだったら、「販売所」を利用するのをオススメします。手数料が高めなので、取引回数が多い人には向きませんが、月に数回程度なら問題ありませんよ。

指値注文と成行注文

モナー
少ない金額で実際取引して理解しましょう! 小額ならミスなどしても問題ありませんね♪

指値注文とは?

  • 価格を指定して売買する注文方法。ビットコイン価格が100万円になったら売るなどの指定が可能。
  • すぐに売買が成立するとは限らない。売りたい価格と量に対して、同じ条件で買いたい人がいないと成立しない為。
  • 指定した金額通りに売れる買える。注文成立さえすればトータル金額などのズレがありません。※成行注文の場合は違います。下記参照。

成行注文とは?

  • 価格を指定しないで即決優先の注文方法。すぐに売買が成立するので便利。
  • 自分の売買数量に対して、対応する注文が少ないと、不利な価格で成立する可能性もある。下記の説明を参照。
  • 数百万円ぐらいの売買はビットフライヤーでの成行注文で問題ない。ただし、サーバートラブルなどの緊急時などは注意しよう。
モナー
私もビットコインを買ってすぐに送金したいなどには成行注文しか使いません! 手数料を安く、すぐにビットコインを買いたいという時は「成行注文」が向いています。

成行注文が適さない例:板が薄い=売買注文が少ないと、成行注文では不利な価格で決まってしまう危険性もある。

  • 100万円の価格に、1BTCの買い注文が入っている。
  • 10万円の価格に、1BTCの買い注文が入っている。

※実際にはありえませんが、「合計2BTC」しか買い注文が入っていなかったとします。

あなたが1BTC(1枚)だけ、「成行注文」で売ったのならば、1枚=100万円で、合計100万円を受け取れます。

しかし、あなたが2BTC(2枚)を、「成行注文」で売ったのならば、1枚=100万+1枚=10万円で、合計110万円しか受け取れません。

※板を見ずに成行注文をしてしまうと、非常にもったない価格で売買成立してしまうことがあるのです。


※ビットフライヤーならば、数百万円程度の成行注文で気にするような場面というのはありません。ただしサーバーのトラブル時などは注意しよう。

モナー
人気のない取引所や、人気のない通貨ペアだと、板が薄くて成行注文に適さないことがあるので注意!

板(=売買注文の一覧)の見方を覚えよう

Ask=売る

Bid=買う

青い枠の「946099」➔ ビットコインの価格

赤い枠の「1.95」➔ この価格に入っているビットコイン注文数

946099円に、1.95枚分の、買い注文がある....ということになります。

※190万円分ぐらいのBTC買い注文

モナー
やりながら理解できればOK! 最初から理解するのは無理ですから気にしないで!

成行注文の使い方

説明無しでも分かると思います。買った後は、売ってみてください。簡単にできるはず。

※成行注文で注意しなきゃいけないのは、板が薄い(=注文数が少ない)マイナーな通貨ペアや、マイナーな取引所、緊急のトラブル時のみです。

指値注文の使い方

数量➔ ビットコイン0.15枚

価格➔ 1万円(ビットコイン1枚の価格)

ビットコイン価格が1万円の時に、0.15枚分のビットコインを買い/売り注文をするという指定することができます(指値)。

是非、考えながら指値で売ったり、買ったりしてみてください。

注文のキャンセル方法

画面の左下に、未約定の注文一覧があります。✖印を押せばキャンセルが可能です。

まとめ

私の場合はとにかく成行注文でビットコインを即購入して、そのままバイナンスなどの海外取引所などに即送金というケースが多いですね。

販売所などと違い、Lightning現物は手数料が安いのが魅力です。またbitflyerは送金の手数料も調節でき送金も速く便利なのでメインの国内取引所としては十分だと感じています。

ビットフライヤーで口座開設する

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

➔ BitFlyerで口座開設する

※より詳しい口座開設の手順はこちら→【記事】bitflyer口座開設の方法を解説します

姉妹サイト

Zaifの使い方

コインチェックの使い方

-ビットフライヤー

Copyright© ビットフライヤー使い方ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.